朝の商店街騒然 民宿全焼、経営者ら搬送 ユーグレナモール

ユーグレナモール内の火災で現場は近隣住民が避難、煙を見た付近住民らが遠巻きに見守るなど騒然とした(付近住民提供)
ユーグレナモール内の火災で現場は近隣住民が避難、煙を見た付近住民らが遠巻きに見守るなど騒然とした(付近住民提供)

 15日午前9時32分ごろ、石垣市大川の商店街、ユーグレナモール内の民宿で「火災が発生した」と、通行人から119番通報があった。木造の民宿は全焼し、隣接するバーの一部にも延焼した。発生当時は、ユーグレナモール内は大勢の客や通行人がおり、多くの消防車両やパトカーが駆け付けて付近は騒然となった。


 調べによると、火災現場は素泊まり民宿。民宿経営者の男性(68)が煙を吸い込み、病院に搬送され、入院した。生命に別条はないという。また、通報した40代の男性も病院に搬送されたが軽傷。宿泊客は全員無事だった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html