一歳半の乳児に絵本配布 今年度662人、定期検診時に 石垣市

今年度のこっかあらブックスタートが開始した=17日午後、市健康福祉センター
今年度のこっかあらブックスタートが開始した=17日午後、市健康福祉センター

 市内の1歳半の全乳児に絵本を無料配布する、石垣市立図書館(吉見武浩館長)の「2014年度こっかあらブックスタート事業」が17日から始まった。事業は1歳6カ月児の定期検診に合わせて実施され、今年度末までに検診対象となっている662人の乳児に絵本を配布する予定。この日、定期健診が行われた市健康福祉センターで、絵本と絵本バッグが乳児と保護者に手渡された。

 

 ブックスタートは親子に絵本を配布することで、読書や読み聞かせに親しみ、子どもの心豊かな成長につなげることが目的。市立図書館では、2002年に県内で初めてブックスタートを開始したが、予算が確保できず一時中断し、11年度に再スタートした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html