報道は「鳥の目」「虫の目」で 小池自民広報本部長に聞く

インタビューに答える小池広報本部長=10日、東京の自民党本部
インタビューに答える小池広報本部長=10日、東京の自民党本部

米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題や尖閣諸島(石垣市登野城)問題をめぐり、沖縄を取り巻く国際環境の厳しさが指摘されている。八重山日報社は、沖縄担当相、防衛相などを歴任し、県内マスコミに対する厳しい論調で知られる自民党の小池百合子広報本部長に話を聞いた。

 ―沖縄の現状をどう見るか。
 「まず鳥の目で高い視点から見ると、今、日本そのものが厳しい現状にある。中国、韓国との関係がこれまでとは全く違う様相を呈している。さらには尖閣諸島問題が波高しで、今や世界から注目される島になっている。沖縄は尖閣を有し、状況はさらに厳しい。ただ、そうした事実が、沖縄のマスコミでは十分伝えられているようには思えない」
 ―沖縄では普天間飛行場移設問題がクローズアップされているが、基本的な考えは。
 「(普天間飛行場がある宜野湾市について)米国のラムズフェルド元国防長官が『世界の米軍基地の中でも最も危険な街』と言った。その普天間飛行場を移設し、一日も早く危険を除去するべきだ。沖縄国際大にヘリが墜落した事故が起きた時、私は沖縄担当相だったので、よく記憶している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html