採択協解散を提起 竹富離脱なら 崎原教育長

中学校公民教科書の採択をめぐり、竹富町が教科書を選定する八重山採択地区協議会からの離脱を表明している問題で、与那国町の崎原用能教育長は18日、八重山日報の取材に「竹富町が離脱するなら、協議会そのものをなくしてはどうか」と述べ、協議会の解散を提起した。県教育委員会が竹富町の要望を受け入れる方向で検討していることに不満を表したものと見られる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html