不審な土地取引規制を 国境離島の重要性訴え 日本維新の会

八重山視察後、記者会見した日本維新の会の国会議員団=21日午後、石垣空港
八重山視察後、記者会見した日本維新の会の国会議員団=21日午後、石垣空港

 国の安全保障にかかわる国境離島などの重要な土地について、不審な土地取引を規制できるようにする「国家安全保障土地取引規制法案」を国会に提出した日本維新の会の国会議員5人が19日から3日間、3市町を視察した。5人は21日、石垣空港で記者会見し「八重山地区全体が極めて重要」(中田宏衆院議員)などと強調。同法が成立すれば、国境離島として八重山での土地取引も規制対象になる可能性があるとの認識を示した。

 

 同法案は、安全保障上重要な土地が外国人などの手中に落ちるのを防ぐ狙いがある。重要な土地として、具体的には防衛施設周辺や水源地などが挙げられている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html