新八重山病院 17年開院 基本計画に「高度医療提供」

住民説明会で提示された新八重山病院のイメージ図
住民説明会で提示された新八重山病院のイメージ図

 県は24日夜、新県立八重山病院整備基本計画素案の住民説明会を石垣市健康福祉センターで開いた。同案によると、新病院は2017年に旧石垣空港跡地で開院予定。敷地面積は現病院の1・6倍の規模になる。救急救命、がん医療などの高度医療を提供。現行診療科目の22診療科のほか、地域から要望が上がっている歯科口腔外科の設置に向けて調整している。依光たみ枝院長は「地域住民から信頼され、愛される病院を皆さんと作り上げたい」と呼び掛けた。

 

 同案では新病院の目指す姿として①救急・周産期・がん医療など「高度医療の提供」②「患者をトータルで支える医療」の提供③「医療安全の提供」―などを掲げた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html