「抜本的な対策必要」 中山市長、大雨被害視察 真喜良地区

5日の記録的な大雨を受け、浸透池を視察する中山市長ら=7日午前、石垣市新川
5日の記録的な大雨を受け、浸透池を視察する中山市長ら=7日午前、石垣市新川

 5日の記録的な大雨で家屋浸水などの被害が相次いだことを受け、石垣市の中山義隆市長は7日、被害が大きかった真喜良地区を視察した。住民からは排水路の増設を求める声が出た。中山市長は「国、県と連携し、何らかの抜本的な対策をしたい」と強調した。

 

 同地区では2012年に県が雨水の浸透池を整備した。浸透池は流れてくる雨水の勢いを止める機能を持つが、今回の大雨は想定を超えており、浸透池から水があふれ出した。水は農地の赤土と混ざり、近くの海岸へ一気に押し寄せた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html