「右肩上がり」続く 新空港開港後 雇用好調

 八重山公共職業安定所(下里勝則所長)は9日、2014年1~3月期の雇用情勢のまとめを発表した。当期の有効求人倍率は0・9倍で、前年同期比で0・38ポイント上昇した。新規求人数は前年同期比で45・5%増加。下里所長は「新石垣空港の開港で右肩上がりが現在も続いているが、求職者数と求人数のバランスが取れていない所がある」と話した。

 

 新規求人数は、前年同期に比べて414人増の1324人(月平均441人)。産業別では宿泊業・飲食サービス業が407人(72・5%増)、医療・福祉が247人(48・8%増)、卸売・小売業が137人(34・3%増)、建設業が36人(50%増)などとなった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html