特産品の黒糖PR 試食や製造体験で ゆらてぃく市場

黒糖づくりを体験する園児=ゆらてぃく市場
黒糖づくりを体験する園児=ゆらてぃく市場

 八重山の特産品である黒糖をPRしようと「黒糖の日」(5月10日)にちなんだイベントが9日、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」で行われ、竹富町、八重山地区糖業技術研究会が黒糖づくり実演会、試食会を実施した。試食会では、竹富町内3カ所と与那国町の製糖工場の黒糖が提供された。店舗を訪れた市民や保育所園児や利用客が、出来たての甘い黒糖を堪能した。

 

 「黒糖の日」は県産の黒糖の良さをPRし販売拡大に繋げようと、県含みつ糖対策協議会が語呂合わせで2010年に制定された。この日は、八重山で収穫された21号、23号など4品種のサトウキビを搾り、4つの鍋で煮詰める黒糖づくり実演会が行われた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html