衰弱のカンムリワシ大空へ 「きょう」と名づけ放鳥

放鳥されたカンムリワシの「きょう」=10日午前、県立石垣青少年の家
放鳥されたカンムリワシの「きょう」=10日午前、県立石垣青少年の家

 環境省石垣自然保護官事務所は10日、交通事故に遭ったと見られるカンムリワシの若鳥を発見現場から近い県立石垣青少年の家で放鳥した。カンムリワシは放鳥に立ち会った緒方浩崇君(八重高1年)に「きょう」と名付けられ、元気な姿で飛び立っていった。また愛鳥週間(10日―16日)に伴い、放鳥前にカンムリワシリサーチの佐野清貴さんがカンムリワシの生態について講話を行った。


 カンムリワシの「きょう」は4月22日、市内新川の舟蔵の里入口付近で衰弱して動けなくなり、カラスに攻撃されていた所を保護された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html