無人ヘリで農薬散布 市内全域で水稲部会が

 市内地底原の水田地帯で15日、無人模型ヘリでの農薬散布を実施した=写真。4台を導入して行われた散布作業では、ヘリ特有の下への風圧で農薬がしっかりと適量散布でき、隣接する水田の一斉防除が可能になることから、作業をひとめ見ようと集まった水稲関係者から関心が集まっていた。


 作業は、昨年JAおきなわ八重山支店水稲部会(部会長、翁長孝夫)が、YAMAHA発動機の子会社西日本スカイテック(株)に散布テストを依頼したことがきっかけ。石垣島の西半分の散布を実施したところ、米の等級の上がった水田が相次ぎ、「無人機の散布だけの効果とも思えないが、関係あるとすれば素晴らしい、もう一度こちらからお願いして実施した」と翁長部会長。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html