ビジネス展開のヒントに 地域おこし成功例など紹介

新空港開港後の石垣島の地域産業おこしを考える講演会やパネルディスカッションが行われた=市民会館中ホール
新空港開港後の石垣島の地域産業おこしを考える講演会やパネルディスカッションが行われた=市民会館中ホール

 新石垣空港開港から1年が経ち、観光ビジネスなど新たな事業展開のヒントを探ろうと、「地域おこしSPIRITSで創造!石垣の観光文化・未来都市」をテーマにした地域産業おこしの会in石垣市(特定非営利活動法人地域産業おこしの会主催)が17日午後、市民会館中ホールで行われた。地域おこしの成功例の実例を紹介し、好調な石垣島経済の持続性を探った。

 

 おこしの会では、アドバイザーで観光庁の吉田雅彦観光地域振興課長が「石垣地域観光ブランド確立支援」を演題に基調公演。吉田課長は「八重山はひとつとして関係者が一枚岩で団結して動くことが大事」とアドバイス。
 飛騨高山や草津の官民一体と誘客活動などの事例を紹介し、「行政がマーケティング調査を行い、それに基づく戦略的な取り組みを行ってもらいたい」と話した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html