「憲法破壊止めよう」 赤嶺衆議院議員が訴え

講話を行った政賢赤嶺衆院議員=17日夜、大川公民館
講話を行った政賢赤嶺衆院議員=17日夜、大川公民館

 日本共産党演説会(日本共産党八重山郡委員会主催)が17日夜、大川公民館であり、赤嶺政賢衆議院議員が講話を行った。国政を厳しく批判し、「八重山は小さな島だが、一国を相手に大きな影響を与えている。共に安倍内閣の憲法破壊を止めていきましょう」と訴えた。


 赤嶺さんは、安倍晋三首相の集団的自衛権行使を認める憲法解釈変更について、憲法破壊の行為として「絶対に容認できない」と批判。また「憲法9条は世界の誇り。世界が目指すべきもので、平和主義を守り抜かなければいけない」とした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html