島のハーブで料理に挑戦 大浜小で原田さんが指導

 大浜小学校(佐事安弘校長)の5年生52人を対象にした調理実習が21日午後、県青少年の家で行われ、同校PTAで美彩食彩・花のシェフの原田和幸さん(32)が講師を務めた。1泊2日の宿泊学習でのキャリア教育の一環。「島のハーブを使った料理を作ろう」をテーマに魚のホイル焼きなどに挑戦した。
 原田さんは、石垣島で栽培している「レモングラス」、「フーチバー」「月桃」などの11種のハーブを用意。
 児童らは、原田さんの指導を受けながら、野菜を包丁で刻んだり、好みのハーブを選び、調理を行った。
 花城慶君は「匂いでハーブを選んだ。時々、家で調理するけど最高の出来だ」と満面の笑み。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html