防犯灯設置再度市に要望 会長に入嵩西さん再任 石公連総会

 石垣市自治公民館連絡協議会(入嵩西正治会長)の定期総会が24日、平得公民館で開催された。市内の各自治公民館代表者、約30人が出席。防犯灯設置に関する市の対応について出席者が質問すると「現段階では市が設置することになってはおらず、今後市に要望したい」と議長が応じた。役員改選では、会長に入嵩西正治さんが再任された。また、事業計画や活動方針、予算などを承認。自治公民館に協力した功績を認められた元役員への功労者表彰も行われた。

 

 防犯灯設置について、出席者から「地域住民にはっきりと説明できるように、市の対応を明確化してほしい」との意見が上がった。防犯灯は市街地や旧空港周辺、新興住宅地などに少なく、地域住民から治安を危ぶむ声が上がっていた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html