八重高の新校舎着工 既存2棟を1棟に集約 

校舎新築工事の安全祈願祭でくわ入れする本成校長ら関係者=26日午後、八重高
校舎新築工事の安全祈願祭でくわ入れする本成校長ら関係者=26日午後、八重高

 県立八重山高校(本成浩校長)の校舎が新築されることになり、地鎮祭が26日、現地で開かれた。3階建ての既存の校舎2棟を取り壊し、4階建ての1棟を新築して各教室を集約する。来年3月に完成予定。

 

 新築される校舎には18の普通教室のほか、被服実習室、調理室、郷土芸能室、音楽室、保健室、カウンセリング室、多目的室が設置される。エレベーターも新設されるが、生徒は通常、階段で移動する。新校舎は延べ床面積約3766平方㍍。工事費は8億4500万円余。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html