黒田官兵衛と言えば…

 黒田官兵衛と言えば大河ドラマだが、ご当地福岡県も盛り上がっているようだ。では沖縄をテーマにした大河ドラマを…とつい期待してしまうが、20年ほど前に唯一、「琉球の風」という作品があった◆琉球王国が薩摩藩に押しつぶされる暗い時代を描き、あまり楽しめなかったが、県民の反応も今一つだったように記憶している。どうせなら琉球王国を築いた英雄、尚巴志あたりを主役にして、胸がすくような歴史活劇にすれば良かったのに、と思ったものだ◆八重山が歴史ドラマの舞台になるとしたら、主役はやはりオヤケアカハチだろうか。農民を糾合して琉球王国に反旗を翻すアカハチの姿は、時代によってさまざまな解釈を生み、世代を超えて支持されてきた◆現在の一般的なアカハチ像を確立したのは、石垣市出身の作家、伊波南哲である。長編叙事詩「オヤケ・アカハチ」は昭和11年、著者34歳の作品で、翌年には早くも映画化されるなど、注目を集めた◆当時のスター級のキャストをそろえた豪華作だったらしい。映画に描かれたアカハチをはじめ当時の人々の服装や習俗があまりに原始的だというので、沖縄の新聞で物議をかもしたというエピソードも。今では幻となってしまったこの映画、80年越しのリメイクはあるだろうか。