2市町で再スタート 八重山採択協、竹富町離脱

八重山採択地区から竹富町が離脱したことを報告後、総会を退席する慶田盛教育長=6日午後、石垣市教育委員会
八重山採択地区から竹富町が離脱したことを報告後、総会を退席する慶田盛教育長=6日午後、石垣市教育委員会

 石垣市、竹富町、与那国町で組織し、各教育委員会が採択する教科書を選定する教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長)は6日、石垣市教育委員会で総会を開き、竹富町が離脱する規約改正を全会一致で承認した。同町の慶田盛安三教育長ら2委員は冒頭のみ出席し、欠席届を出して退席した。協議会は2市町で再スタートすることになり、総会後、玉津会長は「竹富町は離脱したが、八重山は一つだ。八重山全体の子どもたちにとって、どういう教科書がいいのか考えて選定したい」と強調した。

 

 協議会は3市町の教育長、教育委員代表とPTA代表、学識経験者の計8人で構成していたが、竹富町の離脱で、同町の教育長と教育委員を除く6人になった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html