〝水〟で石垣島PR ペットボトル2万本製造へ

市は白水川の水を使った水道水で石垣島をPRする。写真は白水水源地(市提供)
市は白水川の水を使った水道水で石垣島をPRする。写真は白水水源地(市提供)

 石垣市は、豊かな自然に育まれた水を使った水道水のペットボトルを約2万本製造し、島のPRに活用する方針を固めた。石垣島マラソンなどのイベントで参加者に配布し、環境保全の必要性も知ってもらう。開会中の市議会6月定例会に予算案を上程している。与那国明弘水道部長は「水を通して自然の豊かさを感じてもらい、観光振興につなげたい」と話した。

 

 全国では「なよろの水」(北海道名寄市)、「湯浴み水」(大分県別府市)などのように、水道水を自治体のPRに活用している先行事例がある。
 石垣市は、白水川の水を原水とする水道水を500ミリリットルのペットボトルに詰める。パッケージのデザインは検討中だが「自然豊かなイメージを考えている」(与那国部長)。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html