「元気な地域が未来への基盤」 地域活性化で砂川拓也さんが講演

講師を務めた砂川拓也さん=14日午前、町離島振興総合センター
講師を務めた砂川拓也さん=14日午前、町離島振興総合センター

竹富町婦人連合会(上勢頭享子会長)の第34回竹婦連大会が14日、西表島の町離島振興総合センターで開かれ、町内から10単婦、約130人が参加した。講演では石垣市桃里で農業を営み、地域活性化に取り組む砂川拓也さんが講師を務め、「日本の底力は農村から生まれ、元気な地域づくりが未来へ繋ぐ基盤になる」と話した。また、家庭や地域での防災対策について話し合う「ゆんたくしょーら」、コマ撮りアニメーションや型染め、忘れ勿石講話散策などを体験する実技講習も行われた。

 竹婦連大会は「郷~ふるさと~」をテーマに、各島持ち回りで毎年開かれる竹婦連最大のイベント。

 開会行事では、上勢頭会長が「初めての試みで、2日間の日程を1日にまとめてみた。講演、わらべうた、ゆんたくしょーらなど有意義に最後まで過ごしましょう」とあいさつした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html