サッカーW杯 八重山から大きな声援 日本代表初戦「すごい」と歓声

 八島小学校のサッカーチーム、八島ストライカーズは15日、サッカーW杯に出場した日本の初戦を同校視聴覚室のスクリーンで観戦し、大声援を送った。
 前半、日本がコートジボワールに先制すると会場は歓声に包まれた。キャプテンの宮里仁礼君は(6年)は「ワンタッチでパスをつなぎ、強いシュートが打てるのはすごい。得点した時は、とてもうれしかった」と話した。


 日本は惜しくも後半に逆転され、会場にはため息が広がった。
 父母会長の下里清一さんは「子どもたちも日本代表のプレーを見ることで、自分たちのサッカーに対する夢を持てるようになるはず」と期待を寄せた。