「えんどうの花」大合唱 豊潤な長包メロディの世界

フィナーレで「えんどうの花」を大合唱する出演者=21日午後、市民会館大ホール
フィナーレで「えんどうの花」を大合唱する出演者=21日午後、市民会館大ホール

 第11回宮良長包音楽祭(主催・石垣市)が21日、市民会館大ホールで開かれ、八重山で活動しているプロ、アマチュアの音楽家たちが出演。郷土が生んだ偉大な音楽家の美しいメロディを会場いっぱいに響かせた。

 第1部は石垣クラウンイーグルスマーチングバンドの「えんどうの花」で幕開け。高校生バンドのアイソトープ、音楽祭初出演のバンド「AKARI」、歌手のミヤギマモルさんらが出演し「安里屋ユンタ」「桑の実」などを披露した。

 第2部では、いしがき少年少女合唱団の「笛」、女性たちでつくる「まみーず」の「鳩間節」「綾雲」、石垣今聖合唱団の「オランダ屋敷」、石垣女声コーラス「あかようら」の「あかゆらの花」など、豊潤な長包メロディの世界が展開された。

 地元3高校で郷土芸能部顧問を務めた糸洲長章さんや八重山高校郷土芸能部も出演した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html