戦争マラリアなど学ぶ おどり稽古道場

戦争マラリア犠牲者慰霊之碑に献花する八重山のおどり稽古道場の門下生(21日午後)
戦争マラリア犠牲者慰霊之碑に献花する八重山のおどり稽古道場の門下生(21日午後)

 華千の会與那国久枝八重山のおどり稽古道場が21日、バンナ公園で平和学習会を開き、朗読や歌声を通じて沖縄戦の悲惨さを学んだ。

 門下生や関係者など多数が参加。門下生の一人が八重山戦争マラリアの体験記を朗読し、母や祖母を次々と失った体験を紹介すると、聞き入った人たちの中には涙をぬぐう姿も見られた。

 與那国師匠は「おじいちゃんやおばあちゃんが平和な島をつくるために頑張ってきた証しが、今の豊かな八重山。八重山を誇れる人になれればいい」と呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html