戦争マラリアの悲劇継承 「月ぬ美しゃ」で慰霊

八重山戦争マラリア犠牲者追悼式で焼香する参列者=23日午後、同慰霊之碑前
八重山戦争マラリア犠牲者追悼式で焼香する参列者=23日午後、同慰霊之碑前

 八重山戦争マラリア犠牲者追悼式(主催・石垣市)が慰霊の日の23日、バンナ公園にある同慰霊之碑前で開かれた。参列者が戦争マラリアの悲劇を後世に継承することを誓った。
 八重山戦争マラリア遺族会の佐久川勲会長は、篠原武夫名誉会長の調査によって①沖縄戦時、八重山住民の山間部への疎開は軍命だった②避難地域での軍の医療対策は皆無だった―ことなどが判明したと改めて報告。「犠牲者の冥福を祈り、この地より恒久平和を願う」とあいさつした。
 中山市長は「体験者の高齢化が進む中、生の証言は非常に貴重。決して風化させてはならない」と訴えた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html