違法性無しと反論 川満町長 辞職の意思否定

 竹富町議会から辞職勧告決議を受けた川満栄長町長は26日、町役場で記者会見を開き、辞職勧告決議文に記されている「地方自治法違反」と「所得税法違反」について、「違法性はない」と反論。「町長として職責を全うしていく」と、辞職の意思を否定。改めて続投する意向を示した。

 

 町議会は20日に開いた6月定例会最終本会議で、川満町長の辞職勧告決議を賛成多数で可決。決議文に記された「地方自治法違反」と「所得税法違反」に対して川満町長が異を唱えた。「地方自治法違反」は、昨年4月の臨時議会での専決処分不承認に対して、町が地方自治法に記された必要な措置を講じていないとしているもの。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html