八重山、けさ暴風域 昼前最接近、警戒呼び掛け

石垣市健康福祉センターで、ガラスをネットで覆う台風対策をする職員=7日午後4時ごろ
石垣市健康福祉センターで、ガラスをネットで覆う台風対策をする職員=7日午後4時ごろ

 大型の非常に強い台風8号は7日午後6時現在、沖縄の南にあり、時速25㌔で北西に進んでいる。石垣島地方気象台によると、石垣島地方は8日未明、暴風域に入る見込み。再接近は昼前と見られる。台風の中心から南側に強い雨雲があり、大雨による災害の恐れもある。住民に厳重な警戒を呼び掛けている。

  台風8号は眼がしっかりとしており、雲域がまとまっていることが特徴。八重山に最接近するころに発達のピークを迎える可能性がある。

 石垣島地方は7日昼過ぎ、強風域に入り、徐々に風が強まり始めた。暴風域に入るのは8日未明、出るのは同日夜と見られている。与那国島地方は強風域に入るが、暴風域には入らない見込み。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html