海を彩るウミショウブ 野底海岸で開花

ウミショウブの雄花が海面を彩った=13日、石垣市野底(提供写真)
ウミショウブの雄花が海面を彩った=13日、石垣市野底(提供写真)

 13日、野底の海岸でウミショウブの雄花が海面に浮かび上がり、地域の人が訪れ夏の風物詩を楽しんだ。ウミショウブの雄花は海底近くで開花し、しばらくすると本体から切り離されて海面に浮かぶ。
 雌花は大潮の日の干潮時に海面に届く長さとなり、数時間だけ花を咲かせる。開花は年に一度で、ほとんどの雄花は受粉できず風や波に流される。どのようにして大潮の干潮時間を知るのかは解明されていない。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html