教員採用試験「地元でも」 県教委、八重山で要望聴取

教育委員会施策に関する八重山地区協議会が開かれた=16日午前、八重山教育事務所
教育委員会施策に関する八重山地区協議会が開かれた=16日午前、八重山教育事務所

 県教育委員会が八重山地区住民から教育施策に関する要望を聞く「教育委員会施策に関する八重山地区協議会」が16日、八重山教育事務所で開かれた。出席者からは、現在、沖縄本島で行われている教員採用試験を「石垣市でも受験できるようにしてほしい」という要望が出た。2015年度から施行される教育委員会の制度改革について、住民に説明を求める声もあった。

 

 八重山地区小学校校長会の吉濱剛会長は、学校に臨時採用で勤務しながら教員採用試験を受験する教員について「竹富町、与那国町の先生は台風になると船が止まり、受験できないため、早めに島を出なくてはならず、終業式に出られないこともある。石垣市で試験を行えば安心して受験できる」と訴えた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html