広告入り封筒 無償提供へ 11月からカウンターで

豊見城市役所で市民に提供されている封筒を持つ石垣市職員(17日午後)
豊見城市役所で市民に提供されている封筒を持つ石垣市職員(17日午後)

 石垣市は、窓口で証明書などを発行する際、市民が無償で利用できるA4サイズの封筒を11月1日からカウンターに設置する。封筒は地元企業の広告入りで、株式会社郵宣協会(福岡県北九州市)が作製、提供する。市役所市民課は 「市民サービスの向上や地元企業の育成に役立てば」と期待している。

同社は全国で多数の自治体と協定を結び、封筒を提供。費用は広告を掲載する地元企業からの協賛金でまかなっている。取り引き企業は2千社以上。県内では那覇市など9市の自治体が同社から封筒の提供を受けている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html