パーレーで豊穣祈願 島独特の世請い神事

黒島の豊年祭が開催された。島独特のパーレー競漕で、会場は拍手と歓声に包まれた=20日、竹富町黒島
黒島の豊年祭が開催された。島独特のパーレー競漕で、会場は拍手と歓声に包まれた=20日、竹富町黒島

 竹富町黒島の豊年祭が20日、宮里海岸で古式ゆかしく行われ、地域住民の無病息災と来年世の豊穣を祈願した。黒島独特のパーレー競漕を繰り広げたほか、各村の五穀豊穣を祈願する芸能が奉納され、島は祭り一色の賑わいを見せた。

 

 黒島の豊年祭は、他地域とは異なり、世果報世(ユガフユー)、弥勒世(ミルクユー)は海の彼方からもたらされるものとされ、世請い(ユークイ)神事としての豊年祭を、爬竜船漕ぎ(パーレークイ)を中心に海岸で行う。

 この日の宮里海岸には、宮里、仲本、東筋、保里の4村の旗頭が海岸に立ち並び、豊作を祈願して船漕ぎする「朝漕い」が、宮里、仲本の2村が漕ぐ2艘で行われた。