逆転の発想がヒットにつながる 辻 維周 

 それまで既存航空会社であるJALとANAの寡占状態であった航空事業が、いわゆる規制緩和によって1996年よりスカイマーク、エアドゥ、スターフライヤー、スカイネットアジア(現ソラシドエアー)などの新規参入航空会社が就航し、さらに2009年12月にオープンスカイ(空の自由化)が日米間で締結されると、日本でもエアアジアジャパン(現在は撤退しバニラエアーとなっている)、ジェットスタージャパン、ピーチアビエーションという格安航空会社が就航するようになった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html