川満町長、続投を表明 町政停滞避けると強調

記者会見で続投を表明する竹富町の川満町長=23日午前、町役場
記者会見で続投を表明する竹富町の川満町長=23日午前、町役場

 竹富町の川満栄長町長は23日、町役場で記者会見し「熟慮に熟慮を重ね、町長の職責を全うする決定をした」と、町長を続投する意向を表明した。理由として、町長が辞職すると町政運営が停滞することや、町民から辞職しないよう求める声が上がっていることなどを挙げた。町議会野党は川満氏が辞職しない場合、百条委員会を設置して町政を追及する構えを示しているが、川満氏は「しっかりとていねいに説明する」と強調。今後は百条委設置をめぐる川満氏と野党の攻防が焦点になりそうだ。

 

 川満氏は「私が職を辞すると町長、副町長も不在という異常事態をつくることになり、町政運営の停滞は避けられない」と指摘。

 今月、野党にいったん辞意を伝えた経緯について「(百条委設置が)町に大きな打撃を与えるなら、それ(辞職)も選択肢ということで、議会と話し合いをしてきた」と説明し、辞職するとは「断言していない」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html