古堅真帆さんが優良賞 朗読部門 平良実里さんは入選 NHK杯全国高校放送コン

「第61回NHK杯全国高校放送コンテスト」に出場した八重山高校の生徒。古堅真帆さん(左から2人目)は優良賞、平良実里さん(右から2人目)は入選を果たした=25日夜、新石垣空港
「第61回NHK杯全国高校放送コンテスト」に出場した八重山高校の生徒。古堅真帆さん(左から2人目)は優良賞、平良実里さん(右から2人目)は入選を果たした=25日夜、新石垣空港

 22日から24日までの3日間、東京都で開催された「第61回NHK杯全国高校放送コンテスト」(主催・全国放送教育研究会連盟、NHK)に出場した八重山高校の生徒4人が25日夜、帰島した。朗読部門で、古堅真帆さん(3年)が優良賞を受賞、平良実里(みのり)さん(同)が入選した。朗読部門の地方大会出場者は6539人。うち、294人が全国大会に出場。決勝にはわずか10人しか進出できない。古堅さんは、同校5年振りの決勝進出を果たした。

 朗読部門では、指定作品の中から1編を選び、自分の表現したい部分を抽出して朗読する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html