移転先の用地選定へ 4者で合意締結式 竹富水牛車営業所

合意書を締結した(右から)小底社長、川満町長、大山館長、上勢同会長=26日午前、町役場
合意書を締結した(右から)小底社長、川満町長、大山館長、上勢同会長=26日午前、町役場

 竹富町竹富島で水牛車観光の営業所を運営する(有)竹富観光センター(小底朝吉社長)と町(川満栄長町長)、竹富公民館(大山榮一館長)、竹富島の聖域・文教地区を守る住民の会(上勢頭芳徳会長)の4者は26日、水牛車営業所等の移転に関する合意書を締結した。同センターが現在の場所から移転することを確約し、竹富公民館と住民の会は島内に設置している移転要求の看板を撤去する。この日、町役場で合意書締結式が行われた。川満栄長町長は「しっかりと合意書に関する意思疎通ができた。今日を新たなスタートにしたい」とした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html