米軍曹が女子高生救助 「私たちは良き隣人」 沖縄本島

グアイ曹長に感謝訪問しプレゼントを渡す生徒=10日、キャンプキンザー(提供・DVIDS)
グアイ曹長に感謝訪問しプレゼントを渡す生徒=10日、キャンプキンザー(提供・DVIDS)

 県内に駐留する第三海兵遠征軍のアンドレ・S・グアイ曹長が、国道58号線で事故に遭った宜野湾高校の15歳の女子高生を応急処置したことを受け、救助された生徒が母親とともに10日、キャンプキンザーを感謝訪問した。6月16日に国道を運転していたグアイ曹長は道路に横たわる人影を発見。自分の車を使い安全を確保した後、救急車が来るまで応急処置を施した。生徒は一週間ほど入院したが命に別状はない。


 事故に遭った生徒が車道に横たわっていたとき、グアイ曹長はどの車も停止していないことに驚き、すぐ自分の車で車線をブロックしたという。容態を確認し、額からの出血を抑えるなどして救急車を待った。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html