29人出馬 ほぼ確定 告示まで1カ月切る 市議選

 8月31日告示、9月7日投開票の石垣市議選(定数22)は31日までに、現職19人、新人9人、元職1人の計29人の出馬が確定的になった。中山義隆市長を支える保守系の与党が優位の情勢で、どこまで議席を伸ばせるかが焦点。今後、具体化する可能性がある自衛隊配備計画の賛否なども注目されそうだ。この日、市選挙管理委員会が立候補予定者対象の説明会を市役所で開き、29人の予定者本人や代理人が書類などを受け取った。

 

 前回2010年の市議選には34人が立候補し、最多得票は1409票、最下位当選は722票だった。前回に比べると少数激戦の様相で、当選ラインは800票台に上昇するという見方が強い。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html