初打席は見逃し三振 翔太、1軍デビュー ロッテ

大嶺翔太内野手
大嶺翔太内野手

 千葉ロッテの大嶺翔太は1日、対オリックス戦でプロ入り5年目にして初の一軍デビューを果たした。6回裏、1対6の場面で6番セカンドのクルーズに代わって守備で出場。8回表2死の場面で初の打席に立ち、見逃し三振だった。チームは2対6で敗れた。

 

 8回の初打席では、オリックスの中継ぎエース佐藤達也と対戦。一軍初打席の初球は高めのスライダーを振ってファール。2球目は見送ってボールとしたが、最後は外角のストレートを見逃して三振となった。7回裏には守備機会もあり、オリックス糸井の高いバウンドのゴロをさばいた。