尖閣の離島など名称発表 八重山は8島に命名 中国にらみ領海保全

総合海洋政策本部ホームページより
総合海洋政策本部ホームページより

 政府の総合海洋政策本部(本部長・安倍晋三首相)は1日午後、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)の範囲を決める根拠となる離島のうち、尖閣諸島(石垣市登野城)を含む名称のない158の無人島に名前を付け、同本部のホームページ上で公表した。八重山の離島では8島が新たに命名された。海洋進出を活発化させる中国をにらみ、離島の日本帰属を明確にすることで、領海や海洋資源の保全と安全保障の強化を図るのが狙い。

 

 八重山の離島では、尖閣諸島の南小島周辺の2島に「南東小島」「南西小島」、久場島周辺の3島に「東小島」「南東小島」「西北西小島」、石垣島周辺の小島に「白保東小島」、与那国島周辺の2島に「新川鼻東小島」「馬鼻崎南西小島」と命名した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html