スイム会場の変更検討 明石海岸と人工ビーチ案

トライアスロン試走会(5月25日、明石海岸)
トライアスロン試走会(5月25日、明石海岸)

 石垣市は、来年の再開を目指す石垣島トライアスロン大会のスイム会場について、北部の明石海岸、市街地の南ぬ浜町(新港地区)人工ビーチの2案を軸に変更を検討している。民間競技団体の八重山トライアスロン協会(福里清作会長)は「石垣らしいコース」として明石海岸を推しているが、人工ビーチも移動に便利な市街地のコースを引き続き利用できるメリットがある。市は関係者の意見を聞きながら、今月中をめどに大会の開催時期やコースを決める方針。

 中山義隆市長は来年からトライアスロン大会を復活させる意向を示しており、市観光文化スポーツ局が中心になって復活後の開催時期、コースを検討している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html