観光客のアレルギー疾患続出 ジーマーミ豆腐が原因か

 県立八重山病院(依光たみ枝院長)は8日、石垣市で、ジーマーミ豆腐を食べたことによるピーナッツアレルギー疾患の急患が続出していることを明らかにした。患者はすべて県外からの観光客で、5日に5才女児(兵庫県)が1件、7日に8才男児(東京都)と5才女児(兵庫県)の2件、計3件が立て続けに来院した。うち2件は症状が重く経過観察のため入院が必要だった。いずれも夕食時にジーマーミ豆腐を食べたことが原因とみられ、依光院長は「ジーマーミ豆腐を観光客へ提供する際に、ピーナッツが原料であることがわかるようにしてほしい」と注意を呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html