友好都市北上市で初の交流 八重高郷芸部がまつり出演

「第53回北上・みちのく芸能まつり」に参加した八重山高校郷土芸能部と岩手県立北上翔南高校鬼剣舞部=2日午後、北上市さくらホール(八重高提供)
「第53回北上・みちのく芸能まつり」に参加した八重山高校郷土芸能部と岩手県立北上翔南高校鬼剣舞部=2日午後、北上市さくらホール(八重高提供)

 岩手県北上市と石垣市が今年1月、かけはし友好都市締結したことを受け、北上市は両市の交流を深めようと1日、八重山高校郷土芸能部(顧問・長浜大樹教諭)の部員34人を同市に招待した。同部部員は2、3日の両日、「第53回北上・みちのく芸能まつり」(主催・同まつり運営委員会)に出演。八重山の伝統芸能を披露した。かけはし友好都市締結以来、2市の交流は今回が初。

 同部部員は1日夕、北上市に到着。北上駅には同まつり運営委員会の会員など、多くの北上市民が詰めかけ、「よくおでんした」(よくお出でになりました)と掲げた横断幕で歓待した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html