サンゴの苗作りを体験 体験学習に親子6組

「美ら海自然観察会」と題した体験学習で養殖サンゴの苗作りをする参加者=16日午前、わくわくサンゴ石垣島センター
「美ら海自然観察会」と題した体験学習で養殖サンゴの苗作りをする参加者=16日午前、わくわくサンゴ石垣島センター

 サンゴ礁の役割や重要性を理解してもらい、環境保全への関心を高めてもらおうと、環境省石垣自然保護官事務所は16日、小中学生の親子6組、計14人を対象に「美ら海自然観察会」と題した体験学習を実施した。午前は、わくわくサンゴ石垣島センター=平得=で養殖サンゴの苗作り体験。午後は、西表石垣国立公園内の米原海岸でスノーケリング体験を行った。

 

 苗作り体験では、「わくわくサンゴ石垣島プロジェクト」を進めている八重山漁業協同組合サンゴ養殖研究班の小林鉄郎さんが講師を務めた。小林さんによると、サンゴは動物と植物、両方の性質を兼ね備えているため、苗で育てることができるという。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html