最優秀賞に曽根田さん 地域の避難訓練紹介

(右2人目から)最優秀賞の曽根田さん、優秀賞の友利さん、東さん=17日午後、大川公民館
(右2人目から)最優秀賞の曽根田さん、優秀賞の友利さん、東さん=17日午後、大川公民館

 八重山3市町婦人連合会(金城綾子会長)による「第5回八重山地区婦人の主張大会」が17日、大川公民館で開かれ、石垣市から6人、竹富町から1人合わせて7人が発表を行った。審査の結果、地域で取り組んでいる防災活動について発表した曽根田容子さん(祖納婦人会)が最優秀賞に輝いた。また、友利里枝さん(新川婦人会)、東信子さん(宮良婦人会)の2人が優秀賞に選ばれた。

婦人の主張大会は、意見を発表し合うことで、女性の地位向上や組織の活性化などを目的に毎年行われている。

 曽根田さんは「地域あげての避難訓練に守られて」と題し、公民館を主体に地域で実施している避難訓練で気付いたこと、感じたことを発表。「避難訓練をすれば発見がいっぱいある。要望を出せば、あなたの集落の坂道にも手すりができるかもしれない。家族や地域を守る避難訓練が、すべての集落に広がりますように」と避難訓練の必要性を訴えた。

 
▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html