3市町で54人 しのぎ削る 石垣、与那国で候補者確定 水面下で活発な集票合戦 市町議会選

 9月7日投票の石垣市議選と竹富町、与那国町議選まで1カ月を切り、水面下で活発な集票合戦が始まっている。市議選と与那国町議選は候補者がほぼ確定したが、竹富町議選は一部の島で流動的な要素が残る。市町議会選は地縁、血縁に大きく左右されるが、同時に3市町の市政、町政に対する審判という意味合いも大きい。与野党いずれが多数を確保するかが大きな焦点。告示日は市議選が8月31日、町議選が9月2日。

 

 定数22に対し29人の立候補がほぼ確定し、少数激戦の様相になった。各予定候補者は地域でのミニ懇談会や関係者へのあいさつ回り、チラシの各戸配布などで支持固めを図っている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html