鉄道計画実現など要望 仲井真知事が山本大臣に

会談後、報道陣の質問に答える仲井真知事と山本大臣=知事公舎前、21日
会談後、報道陣の質問に答える仲井真知事と山本大臣=知事公舎前、21日

 次年度の沖縄振興予算の概算要求時期を前に、山本一太内閣府特命担当大臣(沖縄および北方対策)が21日、県知事公舎で仲井真弘多知事と会談した。今月6日には仲井真知事が山本大臣を訪問しており、県が標ぼうする「沖縄21世紀ビジョン」に向けた活動が本格化し始めている。

 

 仲井真知事は会談で「沖縄21世紀ビジョン」に含まれる本島の空港から名護市までを結ぶ鉄道計画の事業化を求めたが、山本氏からは調査・研究が必要という回答にとどまった。仲井真知事は「鉄軌道を現実のものとするための仕組みを考える必要がある」と述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html