市政占う試金石 市議選あす告示 29人出馬へ

市議選を前に各地に設置されている掲示板(29日午後)
市議選を前に各地に設置されている掲示板(29日午後)

 任期満了に伴う石垣市議選は31日告示、9月7日投開票される。定数22に対し現職19人、新人9人、元職1人の29人が立候補する見通し。中山義隆市長の与党が引き続き多数を維持できるかが焦点で、市議選の結果は市政の今後を占う試金石となる。国が進めている石垣市への自衛隊配備計画の是非、新石垣空港開港後の経済振興などの問題でも活発な論戦が展開されそうだ。

 今選挙は34人が立候補した前回2010年の市議選に比べ少数激戦の様相。与野党別に見ると与党16人、野党9人、中立4人で、与党優位の戦いが予想される。前哨戦はやや盛り上がりに欠け、投票率の低下を懸念する声が出ている。前回の投票率は75・59%だった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html