猫の切断死体投げ込む 残虐な手口、関係者懸念

猫の切断死体が投げ込まれていた民家の庭で現場検証する八重山署の署員=29日午後、石垣市平得
猫の切断死体が投げ込まれていた民家の庭で現場検証する八重山署の署員=29日午後、石垣市平得

 29日午前6時半ごろ、石垣市平得の民家の庭で、切断された猫の死体を住民が発見した。猫は何者かによって殺されたあと庭に投げ込まれた可能性が高く、八重山署が動物愛護法違反の疑いで捜査している。市と八重山保健所は「残虐性が強い事件。今後、第2、第3の事件が起きてエスカレートする可能性がある」と懸念しており、住民に注意を呼び掛けている。

 八重山保健所によると、猫はメスで、見つかったのは頭部と胴体の一部。ハサミのような鋭利な刃物で切断されていた。

 切り離された頭部は頭がい骨が割れ、片方の眼球が飛び出していた。頭を強く殴られて殺された可能性がある。心臓部と足はほとんど切り取られ、周辺では見つからなかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html