奉納芸能に島沸く 小浜島で結願祭

南村は、福禄寿を先頭に出演者が顔見せする「座回る」がにぎやかに行われた=26日午前、小浜島嘉保根御嶽
南村は、福禄寿を先頭に出演者が顔見せする「座回る」がにぎやかに行われた=26日午前、小浜島嘉保根御嶽

 小浜島で毎年旧暦9月に行われる三大行事のひとつ結願祭が26日、嘉保根(かぼね)御嶽で催され、島は終日、祭り一色に彩られた。結願祭は豊年祭、種子取祭と並ぶ年中行事で今年の豊作を神に感謝し、翌年の五穀豊穣を願う行事。国指定の重要無形文化財に指定されている。御嶽では、ミルク、福禄寿がファーマー(子や孫)を引き連れ、登場し、地域住民が多種多様な伝統芸能を奉納した。


 この日、午前9時から、嘉保根御嶽内で北、南集落が交互に奉納芸能が繰り広げられた。北はミルク、南は福禄寿を先頭に太鼓や棒、獅子舞の順に出演者が顔見せする「座回る」がにぎやかに行われた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html