「一国平和主義は無理」 集団的自衛権の意義強調 佐藤正久氏

尖閣防衛をテーマに講演する佐藤正久氏=27日夜、大川公民館
尖閣防衛をテーマに講演する佐藤正久氏=27日夜、大川公民館

 沖縄「正論」友の会第2回八重山セミナーが27日夜、大川公民館で開かれ、参議院議員の佐藤正久氏が「尖閣防衛と新たな安全保障体制」をテーマに講演した。集団的自衛権の行使容認の意義を「尖閣諸島防衛のためには自衛隊も米軍も一緒に動ける法律を整備しないといけない。一国平和主義はもう無理」と強調した。

 

 個別的自衛権しか容認しない従来の法解釈について「(個別的自衛権は)八重山にミサイルが落ちるまで発動できない。自分の家が火事になる前に、隣の火事を日米が連携して消さなくてはならない場合もあるのでは」と指摘。「政治がやっていけないことは個別的自衛権の拡大解釈だ」と述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html