多彩な「命草」に感嘆 JHS役員が来島

(写真左から)岩下幸司農水部長、中山義隆市長、熊谷博理事長 木村正典専務理事 嵩西洋子八重山支部長、八重山支部の當銘光子さん、石井早苗さん=2日、市役所(市提供)
(写真左から)岩下幸司農水部長、中山義隆市長、熊谷博理事長 木村正典専務理事 嵩西洋子八重山支部長、八重山支部の當銘光子さん、石井早苗さん=2日、市役所(市提供)

ジャパンハーブソサエティー(JHS)の熊谷博理事長、木村正典専務理事が2日、全国ハーブサミット石垣市大会及びハーブフェスティバルin八重山(来年2月6日~12日、市健康福祉センターなど)に関する意見交換、打合せのため来島=写真。熊谷理事長一行は、市内のハーブ園の視察やハーブ料理に八重山の多彩な「命草」を堪能、感嘆していた。

 JHSは、全国ハーブサミット連絡協議会のメンバーとしてこれまでサミットの開催を支えてきた団体であり、八重山での開催もJHSの嵩西洋子八重山支部長の尽力で決定した。

 熊谷理事長、木村専務理事、嵩西支部長らのメンバーはこの日、中山義隆市長を表敬し意見交換を行った。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html